Loading

活動記録

『Real Voice 〜河賀雄大』@西クラ

「伝統の一戦」とまで称される歴史ある大会の西日本ロードクラシック🏁
地元広島でのレースと言う事もあり、いつも以上に気持ちの入るレース!
キャプテンとしての役割、地元の意地、
キャプテン河賀が挑んだ西日本ロードクラシックのレポートをご覧下さい。

*********************

JPT 広島

結果:25位

地元広島のレースということで気合は入っていた。そこそこコンディションはいいと思っていたが、これまでのレース結果を踏まえると全然走れないイメージしか湧いてこなかった。加えて気温と湿度が高いため、かなりサバイバル的な展開が予想された。

このを踏まえて、今回はなるべく走れるメンバーのサポートをするのがベストだと思った。

これまで、スタートした後のハイペースに付いていけない事が今年の課題だったので、夏でもしっかりとアップを行った。

 

スタートしてからはなんとなくいい感じのペースが続き、主要チームのメンバーが入った逃げが形成される。
気温も高くレース序盤と言うこともありあっさりと容認した感じがあった。

その後、ペースを作るチームがいなかったため、差が広がらない程度に糸川さんと木原くんと先頭を引くことに。
しかし、前に10人近く逃げてる中、メイン集団でチームメイトと3人で回しても差が縮まる事はない。でも、2週近く集団をコントロールする事が出来、チームの取り組みとしては満足。
その後は、集団でもアタックが散発し、かなりペースの上下がある展開となった。数周していると、今度はエースの大町くんがパンクにより、集団から離れたため、復帰を手伝うのに自分も集団から離れる。


こういう取り組みも自分としては初めてで、追いつけなかったらどうしようと思ったりして踏んでいると、ペースが速すぎて少し離れてしまった。難しい。

この時点で確実に動き過ぎていた。もう正直完走は難しいかなと感じるほど動いてたため、出来る所までサポートをしようと思った。

集団は落ち着いたまま周回を重ね、逃げ集団とのタイムギャップが4分近くになると3段坂で集団のペースがぐっと上がり、リーダーを含む10人ちょっとの集団にギリギリ入ることが出来なかった。

その後は、完走を目指して呼吸とメンツをを整えて一定ペースで走行しなんとかギリギリ完走でレースを終えた。

結果的に思ったより身体が動いたが、客観的に見て勝負出来る身体ではない。

しかし、春先より確実にコンディションは上向きなので、このまましっかりと練習してどこかで勝負したい。

*************************

以上、河賀選手のRealVoiceでした🎤

〜感謝〜

『Real Voice 〜藤岡克磨』@西クラ

関連記事

  1. GW強化合宿@岡山県芳井町

    2021.05.09
  2. Real Voice@東日本ロードクラシック~阿曽圭佑~

    2020.08.02
  3. 選手メッセージ動画〜糸川典往〜

    2020.06.13
  4. 【もみのきシクロクロス 優勝】

    2020.12.02
  5. Real Voice@宇都宮ステージ~水野恭兵~

    2020.08.23
  6. 『Real Voice 〜藤岡克磨』@西クラ

    2021.07.08
PAGE TOP