Loading

NEWS

レースレポート@JPT#3#4栃木ラウンド~山﨑健

春の嵐と春の陽気、目まぐるしく変わる天気の中

初日は苦しみながらも2日目には一筋の光を見出した山﨑のレポートをお届けいたします

山﨑健レースレポート

Day1  真岡芳賀ロードレース

練習は詰めて調子は上がっていたが、金曜夜~土曜朝の移動中、突然体調に異変を感じる。

朝食でチームカーを降りた時は目眩で立っていられない程であった。

解熱剤を飲んで落ち着き、食事も摂って、ウォームアップ時には何とか動けるかな…?と思っていたが、

この日は雪がちらつく程気温が低く、レース中は雨がぱらつくハードコンディション。序盤のペースアップに対して身体が全く動かずドロップ。

不甲斐ない走りでチームオーダーに応えることができなかった。

千切れた選手たちで走っている時は、タカトが気遣ってくれたおかげで、程よく脚を回して回復できた。

チームは序盤の集団内の落車に深澤さんと歩が巻き込まれ、さらにレース終盤にはキラトも落車で怪我を負ってしまう厳しい状況。

そんな中、紳が腰のヘルニアから復活の完走と少し良いニュースもあった。

Day2  宇都宮清原クリテリウム

しっかり休むことができ、ほぼ万全な状態に回復。前日怪我を負ったメンバー、体調が万全でないメンバーも居る中、

『何としてもチームのために動きたい!』という気持ちで臨んだ。

前日と違って道幅が広く、クリテの苦手な自分でも脚次第でなんとかなるコース。

中盤まで先頭を視界に捉える位置で立ち回る。

紳が前に残っており、終盤彼を索き連れて前に上がるが、逸れてしまう。

ラスト1周、再び紳の近くへ行き牽き上げるアシストを試みるが、噛み合わず自分が前に残る形となる。

残ったパワーを使って、少しでも前へ、とゴールまで踏んで36位でゴールした。

体調不良は理由はどうあれ自己管理不足であるので、1日目はチームの期待に応えられず、仲間を助けることができず、大変不甲斐ない気持ちで一杯だった。

2日目は噛み合わずに上位に仲間を送り込めなかったが、これは今後のシーズンの課題として、少しずつ改善できればと思う。

仲間にもっと楽をさせてあげられるように、仲間に安心して後ろを付いてもらえるように、次のレースに向けてパフォーマンスを上げていきます。

栃木↔︎福山間の長距離移動、そして現地でのサポートと、チームの支えあってのレース活動。今回もたくさんのサポート、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上、山﨑のレポートをお届けしました

 

photo by @kensaku sakai

Jプロツアー#3,#4 栃木ラウンド

レースレポート@JPT#3#4栃木ラウンド〜茂越龍哉

関連記事

  1. Jプロツアー#11#12 石川2連戦 リザルト

    2023.07.19
  2. 開幕戦レースレポート@木原与志寛

    2022.04.10
  3. レースレポート@JPT#6&7 東日本ロードクラシック ~坊 紳

    2023.05.20
  4. レースレポート KINAN AACA~嶋田祥

    2023.05.31
  5. レースレポート@UCI 宇都宮CX ~前田充貴

    2022.12.26
  6. 『Real Voice 〜茂越龍哉』@東日本ロードクラシック

    2021.05.02
PAGE TOP