Loading

活動記録

Real Voice@東日本ロードクラシック~河賀雄大~

7月23日~25日の3日間、群馬県にある群馬サイクルスポーツセンター(通称群馬CSC)で開催されたジャパンプロツアーの開幕戦

レースでは何が起き、どういった事を考えて走っているのか、参戦した選手の生の声をご紹介させていただきます。

 

UCIコンチネンタルチーム、専業プロに混じり3日間安定した成績を残した河賀雄大。
フルタイムワーカー、広島から12時間以上の遠征の中コンディションを整えてのリザルトには気迫が感じられました!
国内最高峰のレースを走った河賀雄大目線の
3日間のリアルな声をご覧ください🤲

第54回 JBCF 東日本ロードクラシック群馬大会
Day1
距離︰120km
順位︰14位
久々のレースで夜移動からのスタート1時間前に会場へ到着し、バタバタのままスタートラインへ並びました。この感覚、レースの雰囲気、全てが久しぶりという印象でした。天気も悪く路面はウェットで僕の苦手な雨のレースでした。久しぶりのレースは体感的にペースが速いと感じたのと、集団内での動きが激しかったなという印象でした。ペースが速く動けない状態からの逃げが決まり、それが決定的なものとなってしまいました。
最終周に4-5人でのアタックに反応したり、ペースを上げたりしてレースの感覚を楽しみながら最後はチームメイトに引っ張ってもらいゴールしました。最後に上げてくれたチームメイトには感謝しかないです。

Day2
距離︰60km
順位︰12位
前日の疲労はそこまでなく、コンディションはそこそこいい感覚でした。初日は夜間移動からのレースだったので、レース中に集中出来なかったところがあったのですが、2日目はぐっすり寝てたので眠気はありませんでした。
距離が短いこともあり、スプリントレースになると予想し、路面は前日より少し乾いた感じだったのでどちらかと言うと逃げにはならない展開かなと想定していました。
レースはどんどんペースが上がっていき、最終周回になるとメイン集団の人数も少なくなり、バックストレートの下りで少しだけ選手が錯綜したのに引っかかってしまい、少し離れてのゴールとなりました。
ペースが早かった事もあり、もう1枚ギアがあればという感覚だったので、day3はスプロケをトップ12Tから11Tに変えようと決めました。

Day3
距離︰132km
順位︰ 24位
最終日は3日間で最も雨が降ってました。
この日は気温も低く、雨の日嫌いな僕にとっては苦痛の3日間となったなと思うと少し憂鬱でした。day1とday2を踏まえて少し疲労があるかなと思うくらいで、思ったより脚が重いという感覚は無かったのでコンディションは上々かなと感じていました。
レースは3日間で一番激しい展開となり、群馬らしいレースとなりました。中盤で1度セレクションがかかった時に逃げが出来てしまい、自分はキツくて動くことが出来ませんでした。結果的にこの逃げが勝ち逃げとなったしまいました。そして、後半のペースアップで2度目のセレクションがかかり、5分近くあったタイム差がものの3周程度で30秒まで縮まり、集団の人数も20人程度まで絞られました。そこに何とか集団にしがみつき最終周の心臓破りの坂まで到達することが出来ましたが、もう脚は残ってなかったので、坂の手前でスルりと抜け出し、なるべく上で吸収されようと試みたものの、一瞬で捕まりそのままドロップしてしまいました。後々、集団で行けばゴールまで行けたかな、と思いましたが、所詮運任せのレースだなと思い、自分の力の無さを感じた日になりました。
とにかく、3日目は寒く手も痺れがずっと起きていてウェアの選択や準備諸々と失敗したなと思うところがある日になりました。

3日間のレースを終えて、今までのjptレースとは違った疲労感が身体に残っていますが、しっかりと練習してまたベストなレースが出来ればと思います。

以上、河賀選手のReal Voiceでしたお知らせメガホン

phote by Shizu Furutaka

 

『アスリート専用 粉飴 ジェル』

Real Voice@東日本ロードクラシック~茂越龍哉~

関連記事

  1. Real Voice@東日本ロードクラシック~茂越龍哉~

    2020.08.01
  2. Real Voice@宇都宮ステージ~水野恭兵~

    2020.08.23
  3. Real Voice@交流戦~茂越龍哉~

    2020.09.02
  4. 【広島トレーニング・ロード・レース2020_1st】

    2020.07.17
  5. Real Voice@宇都宮ステージ~阿曽圭佑~

    2020.08.25
  6. Real Voice@西日本ロードクラシック~河賀雄大~

    2020.09.08
PAGE TOP