Loading

活動記録

Real Voice@交流戦~河賀雄大_Day1~

8月22日、23日の2日間、群馬県で開催されたエリートツアーとの交流戦

レースでは何が起き、どういった事を考えて走っているのか、参戦した選手の生の声をご紹介させていただきます。

7周が終わったところで、、雷雨中止となった群馬ロードレース交流戦Day1.
長距離移動の疲れも見せず積極的な走りを見せたキャプテン河賀のリアルな声をお聞き下さい。

*************************************
群馬day1
結果:雷雨によりレース中止

今回は前回の反省を活かしてレース開始時刻より少し早めに会場へ到着。そして、ご飯をしっかりと食べてアップもしっかり行いスタートラインに並んだ。

今回はE1との交流戦ということでスタート前から少し選手の雰囲気が違ったように思えた。スタートはローリングスタートということで、気持ち後ろからスタートするとスタート50mで早速落車が発生し、巻き込まれて足を止めることに。そのせいでさらに集団の後ろからのスタートとなってしまった。なるべくローリング中に集団の前に上がろうとするも、皆考えることは同じでなかなか前に上がれない。
上がれないままリアルスタートとなり、一気にペースが上がるが、焦らずに少しずつポジションをあげることを考えていた。
レース序盤は皆足がフレッシュなため、少しの中切れも勝手に埋まるので焦らずに対応していき、2-3周目が経過したくらいから少しずつ中切れに注意しながら前に上がっていく。
前に上がるとペースの緩急が少なくなり、体力も回復し始めた。そして、5周目のホームストレートでアタックが掛かったので、便乗してみることにしたが、まだ決まらないなーという感じだったので集団に戻ることに。
そして、ポイント周回狙おうとしたが前に上がれずに6周目のポイントは見逃し、9周目のポイント周回を狙う事にした。
そして、8周目の心臓破りの坂で6人くらいで飛び出すものの、頂上付近でまたアタックがかかり遅れてしまった。
そして、集団に戻りホームストレートを通過するタイミングで雷雨によりレース中止となった。

反省点は2周目のホームストレートの段差でサドルが前下がりになってしまい今日はもうダメだ〜群馬まで来たのに、と思いながらもどうする事も出来ずに走るしか無かったこと。(少しボルトが緩んでしまってた)

良かった点はご飯をしっかりと食べたので思ったより足動いたのと、水分をしっかりとってたのが良かったのかなと思いました。
走り始めると調子が良かったためレース中止は少し残念だが明日に備えてしっかりとご飯を食べたいと思う。(美味しいやつ食べたい)

*************************************
以上、群馬day1、河賀のリアルな声でした

Real Voice@交流戦~茂越龍哉~

Real Voice@交流戦~河賀雄大_Day2~

関連記事

  1. Real Voice@宇都宮ステージ~阿曽圭佑~

    2020.08.25
  2. Real Voice@東日本ロードクラシック~阿曽圭佑~

    2020.08.02
  3. 交流戦リザルト

    2020.08.31
  4. 大分ステージ リザルト

    2020.10.05
  5. プジョーといく自転車レース~宇都宮編~

    2020.08.26
  6. Real Voice@東日本ロードクラシック~河賀雄大~

    2020.08.01
PAGE TOP